アルプスエンジニア一問一答

仕事と育児を両立しながら講師としても活躍

「あなたがもう1人いて欲しい」
―お客様からの感謝の言葉が
大きな励みに
  • アルプスエンジニア
  • T.C.理学部化学科専攻2002 年4月入社

    育児とエンジニアの仕事を両立させながら、社内勉強会の講師としても活躍する中堅アルプスエンジニアをご紹介します。

  • エンジニアになった
    きっかけは何ですか?

    さまざまな会社で就業する「派遣」という業務形態に興味を持ったためです。
  • 派遣先での
    主な仕事内容を教えてください。

    商社で機械・電気分野の製品テクニカルサポート業務を担当しています。
  • エンジニアとして
    やりがいを感じていることは何ですか?

    技術でお客様に貢献できることです。以前、お客様から頂いた言葉で印象に残っているのが、「あなたみたいな人がもう一人いて欲しいな」と言われたことです。この言葉で、お客様に信頼され貢献できていることを実感しました。
  • 勉強会が立ち上がった
    背景や目的は何ですか?

    当社の社員の多くは派遣という業務形態のため、普段エンジニア同士が顔を合せることがありません。そこで、各エンジニアが様々な場所で培った技術を共有する目的で勉強会を立ち上げました。技術者同士のコミュニケーションを図るのに重要な役割を担っています。
    アルプスエンジニア
  • 勉強会講師として苦労したこと、
    やりがいについてお話ください。

    分野が異なる技術者に対しても分かり易く、ポイントを絞って講義をするため、就業後に資料の作成時間を確保しなければいけない点が一番大変でした。
    参加者が講義内容を十分理解し、技術者同士の議論が活発に行えた時や、次回も参加したいと言って貰えた時に大きなやりがいを感じます。
  • あなたが感じる
    アルプス技研の魅力は何ですか?

    他拠点の技術者との交流も多く、横の繋がりが強いことが魅力だと思います。
    また、技術力向上のため、各拠点で技術者自身が企画し講師を行う勉強会も盛んに行われており、各社員が率先して拠点活動に関わっていることも当社の強みだと思います。
  • 女性技術者として、
    どんな点にその可能性を感じますか?

    今までになかった発想を、女性の視点から開拓できると感じます。製品開発を行う上で、女性ならではの気配りや心遣いを製品に活かせると思います。
  • 家庭との両立の苦労や
    楽しさについてお聞かせください。

    仕事をしながら育児を行うことは大変ですが、家族の協力を得て両立出来ていると思います。仕事では、お客様に貢献できる喜びや達成感が得られ、家庭では子供の成長や家族との団欒があり、それぞれ違う面を持っているので、頑張り甲斐があります。
  • エンジニアとして
    将来挑戦してみたいことは何ですか。

    お客様から信頼して頂ける技術者になることが第一目標です。また、2014年度の新人研修に関わったことで、後輩を指導できる先輩になるという新たな目標もできました。そのためには、技術力だけではなく、人間力も磨いていく必要があると考えています。
ページトップへ戻る

Copyright (C) 株式会社アルプス技研 All Rights Reserved.