IRポリシー

IR活動の基本方針

当社アルプス技研のIR・活動は株主、個人投資家、機関投資家、アナリストの皆様に対し、公正な情報を適時、適切に開示することを基本としております。当社への理解を深めていただくとともに、皆様のご意見を積極的に経営に反映させていきたいと存じます。

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法および東京証券取引所が定める「適時開示規則」に沿って経営関連情報の開示を行い、「適時開示規則」に該当しない情報につきましても、株主、投資家等の皆様へ有効かつ適切な情報と判断した場合は積極的に開示していく方針であります。

情報開示の方法

当社は、東京証券取引所が提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」を通じて情報開示を行っております。公開した情報については、適宜、当社ウェブサイトに掲載しております。

IR活動の健全化

当社は、株主、個人投資家、機関投資家、アナリストの皆様に対し、経営者自ら経営戦略や事業方針について直接語りかけ、透明性の高い企業であることが重要だと考えております。当社が開催または参加する証券アナリストや機関投資家の皆様とのミーティングで公開する情報は、すでに決算発表などで公開された事実に限らせていただきます。未公開の経営関連情報については、一切言及いたしません。

将来の見通し

当社は、四半期ごとの業績の開示と随時の情報開示を速やかに行うことにより、投資家の皆様への情報提供を心がけております。当社が発表する業績予想などの将来の予測につきましては、発表時点での前提条件に基づく予想であり、実際の業績等は、業況の変化等により予想数値と異なる場合があります。また第三者機関などによる当社の業績予想は第三者機関独自の予想であり、当社の責に帰するものではありません。

株価情報

当社ウェブサイトで公開している株価情報は、当社自らが提供している情報ではなく野村證券株式会社の株価情報提供のウェブサイトへリンクするものであり、その内容を保証するものではありません。

IR自粛期間

当社は、四半期ごとに行われる各決算発表日の前日から2週間前までの期間を「IR自粛期間」としております。この期間中は、決算内容に関しコメントすることやご質問にお応えすることを控えさせていただきます。

ページトップへ戻る

Copyright (C) 株式会社アルプス技研 All Rights Reserved.