請負・受託開発

先端・高度技術サービスによる
提案型のものづくりを提供いたします。

アルプス技研は、1968年に創業した「松井設計事務所」にその端を発します。創業者松井利夫の“ものづくり”に賭けた熱い想いとあくなき探究心は現在も、当社エンジニアに受け継がれています。それぞれの専門性を有機的に結びつけた「くもの巣型ネットワーク」により、より多様化、高度化するニーズに対応します。

ものづくり拠点は、 『宇都宮テクノパーク』、 『蓼科テクノパーク』の2工場で構成され、機械設計、電気設計、制御ソフト開発から製作、評価、現地調整まで最適なソリューションを提供致します。

「受託ソフトグループ」(札幌)は、組込み系ソフト開発、オープン系ソフト開発等、高い技術力で様々なご要望にお応え致します。

私たちは、電気・機械・ソフト・化学等の専門的技術を用いて、お客様に付加価値の高いサービスを提供してまいります。

CONTENTS

  • ものづくりの特徴
  • 実績
  • 拠点紹介
ページトップへ戻る

Copyright (C) 株式会社アルプス技研 All Rights Reserved.