労働者派遣法

労働者派遣法の改正について

2015年9月30日、労働者派遣法改正法が施行されました。

●今回の法改正は、派遣元企業での雇用形態(無期雇用或いは有期雇用)によって、
 規制内容が異なるという点が特徴です。

●当社のエンジニアは無期雇用(正社員)のため、立場が安定しており、
 法改正により以下のメリットが挙げられます。

お客様・エンジニアにとってのメリット

<お客様にとってのメリット>

◇無期雇用派遣は、期間及び業務の制限がなくなるため、派遣エンジニアの活用自由度が高まります。
◇業務区分(専門26業務)がなくなるため、契約手続や管理がしやすくなります。

<エンジニアにとってのメリット>

◇業界の健全化が進み、キャリアアップ支援が図られます。
◇派遣元(当社)には、待遇確保や派遣先での教育訓練、福利厚生利用等に配慮義務が課せられるため、 より安心して働くことができます。

▼ 法改正の主なポイント         ▼ 当社の場合(無期雇用派遣)
業界の健全化 矢印 既に労働者派遣事業の「許可」を
取得済みです。
<ポイント①>
全ての労働者派遣事業は
「許可制」になります。
・当社は、厚生労働省の許可要件を満たし、
既に「許可」を取得しているため、
影響はございません。
期間制限の撤廃 矢印 派遣先企業の利便性が向上します。
<ポイント②>
無期雇用派遣であれば、
派遣期間の制限がなくなります。
・「評価・試験・保守」等の設計開発の
周辺業務で、期間の制限がなくなります。
業務区分の撤廃 矢印 派遣先企業の活用自由度が高まります。
<ポイント③>
付随的業務の制限がなくなります。

・従来、労働時間の1割を超えてはならないと
されていた「付随的業務(ミーティング、掃除、
片付け、保守等)」も制限なく対応が可能と
なります。

「正社員化」の対応不要 矢印 従前通り、「正社員化」対応は不要です。
<ポイント④>
無期雇用派遣であれば、
「正社員化」の対応が不要になります。
・当社のエンジニアは無期雇用のため、
雇用の安定化が既に図られていることから、
「正社員化」の対応は不要です。
派遣労働者のキャリアアップ推進 矢印 業界トップ水準のキャリア支援制度が
あります。
<ポイント⑤>
賃金、教育訓練、福利厚生施設利用等に
ついて、均衡待遇が強化されます。
・エンジニアの処遇や教育体系等は
一定水準以上を確保しております。
・エンジニアのキャリア形成については、
研修専門の部署が全面的にサポートしています。

業界団体を通じた当社の取組み

・当社は、技術系アウトソーシング業界において、厳しい審査基準を満たした企業のみが加入できる「一般社団法人 日本エンジニアリングアウトソーシング協会」(略称NEOA:ネオ)に加入しております。

・今回の法改正にあたっても、NEOAの代表理事を務める牛嶋素一(現 当社顧問)を中心として、積極的に政府への提言を行いました。

・当社は、今後もNEOA加盟企業として、業界の健全化や、エンジニアのキャリアアップ推進に努め、技術系アウトソーシング業界全体の信頼向上に資する活動を継続してまいります。

NEOA公式サイトへ

派遣法に基づく情報提供【マージン率】

• 札幌営業所(札幌市) • 仙台営業所(仙台市) • 郡山営業所(郡山市)
• 宇都宮営業所(宇都宮市) • 日立営業所(ひたちなか市) • つくば営業所(つくば市)
• 高崎営業所(高崎市) • 大宮営業所(さいたま市) • 東京営業所(千代田区)
• 相模原営業所(相模原市) • 横浜営業所(横浜市) • 厚木営業所(厚木市)
• 松本営業所(塩尻市) • 甲府営業所(甲斐市) • 名古屋営業所(名古屋市)
• 浜松営業所(浜松市) • 京都営業所(京都市) • 大阪営業所(大阪市)
• 広島営業所(広島市) • 福岡営業所(福岡市)
ページトップへ戻る

Copyright (C) 株式会社アルプス技研 All Rights Reserved.