アルプスエンジニア一問一答

技術力+語学力でお客様に貢献

青島生から
一人前のエンジニアとして
成長するまで
  • アルプスエンジニア
  • Y.S.金属材料学科専攻 2006年8月入社

    当社が中国の現地大学と提携し推進した「青島生」の第2期生として、2006年に来日しました。 母親となった現在、家庭と両立しながら日本と中国との懸け橋を担うエンジニアとして邁進する取り組みをご紹介します。

  • エンジニアになろうと思った
    きっかけは何ですか?

    子供の頃からものづくりが大好きでした。物理に興味があり、大学では機械と金属材料を専攻しました。この分野の専攻は男性が多かったのですが、臆せず挑戦したことが、機械専門エンジニアになるきっかけとなりました。
  • あなたが感じる
    アルプス技研の魅力は何ですか?

    正社員として雇用されているため、安定しているところです。さらに、専門技術研修が充実しており、エンジニア一人ひとりのキャリア形成を応援してくれるところです。
  • 派遣先での
    主な仕事内容を教えてください。

    自動車部品関連企業の研究部門に派遣されています。試験治具部品の開発・設計や、多くの試験装置を使用した部品試験を行っています。
    アルプスエンジニア
  • エンジニアとして
    やりがいを感じていることは何ですか?

    派遣先で積極的にコミュニケーションを取るよう心掛けており、「Sさんが入ってくれてチームの雰囲気が良くなったよ!」と声を掛けて頂くことが多く、うれしいです。
    また、海外とのやり取りの際は、中国語や英語を駆使し翻訳を行うことも多く、お客様から「助かるな」と感謝されることです。
  • エンジニアとして
    将来挑戦してみたいことは何ですか?

    ロボットをいつか自分の手で作れたら、とワクワクしています。
  • 今後の目標を
    聞かせてください。

    やはり、仕事と家庭の両立です。普段仕事が忙しいので、週末に思いっきり子供と遊ぶのが息抜きになっています。営業所が各地にあり、活躍の場が広いので、今後も仕事と家庭を両立させながら、充実した毎日を過ごしていきたいです。
ページトップへ戻る

Copyright (C) 株式会社アルプス技研 All Rights Reserved.