アルプスエンジニア一問一答

フィールドエンジニアとしての喜びを感じるとき

お客様と同じ視点に立ち、
チームの体制を作っていく
  • アルプスエンジニア
  • W.K.医療情報学科専攻 2005年4月入社

    医療・福祉施設のシステムを、年間で50件以上導入・支援しています。お客様の社員と同じ視点に立ち、夜間や休日も対応できるフォロー体制をチームで構築しました。エンジニアのチームリーダーに求められることをご紹介します。

  • チームメンバーの
    特徴を教えてください。

    お客様は、医療・福祉施設向けの情報・通信システム化を事業としています。私たち請負チームは、ソフト開発技術者チーム6名でお客様のニーズに対応しています。
  • チームの主な業務を
    教えてください。

    医療・福祉施設等の情報・通信システム化を、導入から安定稼動まで技術的な側面からフォローする、フィールドエンジニア業務です。
  • チームリーダーの
    役割を教えてください。

    お客様との今後の受託業務を含めた打合せやメンバーへの技術指導、業務全体の進捗・品質管理、労務管理が主な業務です。
  • チームメンバーの指導・育成について
    教えてください。

    お客様のシステム導入に対する技術指導、データベースの言語や品質向上に向けた勉強会などを通して、スキルの向上を図っています。
  • チームの立ち上げでは、
    どんな苦労がありましたか?

    派遣から請負の形態となったので、成果物に対する元請としての責任があり、システムに関わるチェックやメンバーに対する労務管理・予算管理などで苦労しました。
  • お客様にどんなことを
    求められますか?

    ソフトウェアに対する技術的スキルはもちろん、対エンドユーザーに関するヒューマンスキルや、チーム業務の取り纏め、マネジメントも求められています。
  • お客様に喜ばれたことは
    どんなことですか?

    お客様の社員と同じ視点に立って業務に取り組み、夜間や休日の対応もチームとしてフォロー体制ができていることです。
    また、医療・福祉施設のエンドユーザーから業務の効率化の評価を受けた時は、フィールドエンジニアとしての喜びを感じます。
  • 今後の目標を
    教えてください。

    現在、大阪を拠点として業務を行っていますが、今後は九州地区にも拠点を置き、さらなる業務の拡大を図りたいです。
  • チームの主な実績を
    教えてください。

    • 中部・北陸地区の以西を担当し、年間で医療・福祉施設のシステムを50件以上導入支援しています。その他、稼動中システムの変更や障害対応なども随時対応しています。
    • アルプスエンジニア
ページトップへ戻る

Copyright (C) 株式会社アルプス技研 All Rights Reserved.